ホワイトニングについて

歯の黄ばみが気になりませんか?
歯を白くすると顔色がよく見え、健康そうに見え、さらに若々しく見えます。

歯の黄ばみは、年齢とともに歯の内部の色が透けて黄色みが強くなったり、嗜好品(コーヒーや紅茶、赤ワインやカレーなど)による色素の沈着が起こったり、喫煙が原因で変色します。
これらの変色は歯のクリーニングでもある程度の変化はみられますが、さらに白くするのが歯のホワイトニングになります。

ホワイトニングにはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2つの種類があります。
ホームホワイトニングはご自宅でホワイトニングをすすめていただく方法、オフィスホワイトニングは診療室内でホワイトニングを行う方法です。

当院で行っているホワイトニング法はホームホワイトニングで、患者さん自身で管理していただくことになります。
この方法を勧めている理由は、より安全なお口の環境(痛みなどが出にくい、効果が持続しやすい、など)が得られるためです。

なお、歯の状態(虫歯の有無、知覚過敏がある、など)によっては、ホワイトニングの治療をお薦めできない場合もありますので、一度ご相談ください。

ホームホワイトニングの方法

歯科医院でお口に合わせた専用のトレーを作製するための型どりをします。

ただし、虫歯の有無やお口の中の状態によっては、歯科治療を行ってからホワイトニングの治療に入ることになります。

ご自宅では、作製したトレーを利用してホワイトニングを行っていくことになります。

比較的低濃度の薬剤ジェル(刺激が少ないので、知覚過敏という副作用が出にくいメリットがあります)をトレーに注入し、2時間装着(ご自分のペースで進めていけます)していただきます。

基本的には毎日2時間のトレー装着、それを2週間継続することで、即効性はありません(白くなるまで時間を要します)が、白さが持続するホワイトニング効果が得られるのが特徴になります。

2週間のご自宅でのホワイトニング中に、知覚過敏などの症状の有無、ジェルの適正量の使用や歯の色の変化を確認するために来院していただくこともありますが、2週間後に効果(変化)を確認させてください。
色の変化には個人差もあり、必要に応じてホームホワイトニングの継続をお願いすることもあります。

なお、ホワイトニングの効果は永久的ではなく、後戻り(色が戻ること)もあります(個人差があります)。
定期的なクリーニングの実施、食生活の見直し、歯磨き粉の変更などで、色の戻り方を抑えることも可能ですが、場合によっては、定期的なホワイトニングをお勧めすることもあります。
後戻りの軽減法についても指導していきます。

ホームホワイトニングの副作用

ホワイトニングの副作用には一時的な知覚過敏(歯がしみる症状)が生じることがあります。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとを比較した場合、使用するジェルの濃度に差があるため、ホームホワイトニングによるホワイトニングは知覚過敏の症状が出にくいことが挙げられます。

ホームホワイトニングのメリット、デメリット

メリット:
  • 好きな時間に好きな場所で処置できる
  • 自分のペースで白くできる
  • 使用するジェルは刺激が少なく、知覚過敏の症状が出にくい
  • 自然な白さに仕上がり、白さが長持ちする
  • ご希望により、奥歯も白くできる
デメリット:
  • 基本的に毎日のトレー装着が必要である
  • 白くなる変化に時間を要する(低濃度のジェルを使用しているため)
  • トレー装着前に歯ブラシをしっかり行ってもらう必要がある
  • 手間(時間がかかる、着色しやすい食事に注意が必要である、歯科医院でのチェックが必要なことがある、など)がかかる

ホームホワイトニングの費用

ホワイトニングの治療は自由診療になります。
費用は以下のとおりです。

価格(税抜き) 備考
上下顎 30,000円 トレー作製代、2週間分のジェルを含む
片顎(上下片方の場合) 16,000円
追加ジェル(1本) 1,500円 2週間での変化が不十分な場合、その後のメンテナンス時(6か月以上経過後)
トレーの再製(片顎) 3,000円 トレー紛失、損傷、予備作製等でトレーを再製するとき

ホワイトニング前にお口の中の状態を確認し、歯科治療を行う時は保険診療で行えます。

ご予約・お問い合わせ

診療は予約制です。
また、急患の方はお電話くだされば、随時対応いたします。