予防処置について

歯医者さんへは、口の中に痛みなどの症状が出てから行っていませんか?
もちろん、症状があるにもかかわらず、歯医者さんへ行かないことよりはよいですが、お口の健康のことは二の次になっているかもしれません。

予防とは文字通り病気になることを防ぐことで、お口の中の予防は、二大疾患である虫歯と歯槽膿漏にならないようにすることです。
CMでも、虫歯にはフッ素で予防、歯槽膿漏には予防用の歯磨き粉の利用、などと言われています。
これらはご自身で行っていただく必要があり、病気にならないためにも重要な行動になります。

二大疾患の虫歯(=う蝕)と歯槽膿漏(=歯周病)についてみていきます。

う蝕の有病率(う蝕を持つ人の割合)の年次推移は、30代前半までは減少傾向を示し、30代後半から50代前半までは横ばい傾向です。
一方、50代後半より上の方では上昇傾向を示しています(出典:歯科疾患実態調査、厚生労働省)。
つまり、若年者のう蝕は減少していますが、成人期や高齢期はう蝕になる可能性が高くなっています。

そして、う蝕になる可能性が高い成人期や高齢期でのう蝕予防には、フッ化物入り歯磨剤の使用や甘味制限などのセルフケアの他、歯周病検診や後期高齢者歯科検診の受診、保険制度の利用など、専門科による支援や定期管理が必要である、と厚生労働省の「歯の健康」にも報告されています。

歯周病による口の病気も問題になっています。
40代前半まではう蝕が原因で抜歯に至った割合が多いのに、50歳以上では歯周病が原因で抜歯に至ったケースが多くを占めるように変化します(出典:永久歯の抜歯原因調査、財団法人8020推進財団)。

また、歯周病がお口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼすことも分かってきています。
狭心症や心筋梗塞や脳梗塞などの循環器系、糖尿病だけでなく、骨粗鬆症や誤嚥性肺炎、女性では妊娠との関係(つまり胎児への影響)もあります。
これらの疾患の予防には、歯周病を予防、あるいはコントロールすることが重要であることも知られてきました。

う蝕や歯周病の原因となる歯垢の除去が予防になり、セルフケアが重要なことは言うまでもありません。
しかし、歯の形や歯並びは人それぞれで異なりますので、自己管理のみで完全に予防を図ることは困難です。

そのため、私たち専門家も一緒になって、お口の健康を維持することが重要なことになります。
歯科医師、歯科衛生士が行う適切な治療(予防処置、歯石除去や歯面清掃等)と普段の歯磨きを組み合わせることで、う蝕や歯周病を予防することにつながり、ご自身の歯を失わないお口の健康、引いては全身の健康にもつながっていく、と考えています。

小さい虫歯、軽症な歯槽膿漏など、早期にお口の異常を発見して、早期に治療することで、早く健康なお口の状態に戻らせる、あるいは近づかせる、そして定期的な歯科健康診査を習慣化していただき、私たちと共にお口の健康を維持していきましょう。

ご予約・お問い合わせ

診療は予約制です。
また、急患の方はお電話くだされば、随時対応いたします。